航空機用材料宇宙や航空機関係で使用されることがあるT800Sの加工例になります。
普通ではなかなか手に入らない材料なのですが、今回特別に手に入ることになったので、加工を行ってみました。
この材料は熱硬化性樹脂と熱可塑性樹脂の両方が入っているため、熱硬化性樹脂だけの時と比べると加工の難易度もあがります。
実際に加工を行ってみたら、剥離をしてしまった場所がでました。初めはクランプの状況、刃物の状態、加工条件などどれが悪かったのかはっきりわからなかったですが、社内で試行錯誤していくうちにこの製品に合う条件を見つけることができました。
最近はエンドミルがよくなってきましたが、加工条件が適していないと剥離に繋がることが改めてわかりました。
サワテツではこれからも、加工技術の向上を目指していきたいと思います。